体を癒やす効果を高めるなら時間に重要視を

スポーツ整体塾

時間が肝心

整体

筋肉痛の前に

運動後マッサージを早めに行なう意味は、筋肉痛が生じた後には疲れを回復させる効果が半減するという意味も込められています。筋肉痛の仕組みは、運動やトレーニングで負荷を負った筋肉が再生している最中なもので、そこへマッサージで刺激を与えると再生が上手くなされません。筋肉の再生を邪魔しない為にも、運動後マッサージは早めに行なっていくべきだと言えるでしょう。

筋肉をもみほぐす

運動後マッサージは、筋肉が受けた緊張をもみほぐすという役割も担っていて、クールダウンの効果ももたらすでしょう。しかし、マッサージ中に筋肉痛が生じたときには、直ちにマッサージを取りやめるべきです。

血行促進に効果的

筋肉がこり固まったままだと、体の回復はいつまで経っても叶いません。筋肉痛が始まってしまった後には、時間を掛けて運動後マッサージを行なうことはできないので、有酸素運動を短時間で済ませ、血行促進効果をもたらしましょう。

マッサージの場所

スポーツ選手の場合、運動後マッサージをスピーディーに行なう為にもトレーニングジムにはマッサージ師がスタンバイしています。それほど、運動後マッサージを始めるタイミングは重要だと言えるでしょう。自身でマッサージを行なうときは、あらかじめマッサージできる場所を確保し、筋肉痛が訪れる前に体をほぐしてあげましょう。運動後マッサージを毎回意識して行なうだけで、疲れからの回復力が驚くほど高まっていきます。

マッサージの重要性

スポーツをした後にマッサージを行なう人は少ないですが、運動後マッサージは疲労をとるためにも大切です。マッサージのやり方を知り、運動後に試してみましょう。

広告募集中